Q&Aコーナー

初診について

Q1.初診で診察を受けるのに「この時期に来てください」などありますか?

A.初診時には超音波検査(エコー)をしますので、生理日を避けていただければどの時期にご予約でも構いません。

Q2.初診時は主人も一緒に伺わなきゃいけませんか?

A.いいえ、おひとりで大丈夫です。

Q3.初診時の所要時間とかかる費用を教えて下さい?

A.初診時には看護師が問診票を拝見させていただきながら、患者様の治療のご希望や質問等伺った後、診察・超音波検査(エコー)、採血(ホルモン検査、クラミジア、子宮内膜症など)、細胞診検査(子宮頸がん)、今後の治療についてのご説明を行いますので診療の込み具合にもよりますが2~3時間かかります。
費用は4,000~8,000円位になると思います。

Q4.他院にかかっていました。必ず紹介状は必要ですか?

A.できればお持ち下さい。
「転院元の病院さんからもらいづらい」とおっしゃられる方もいらっしゃいますのでなくても構いませんが、今までに行った検査結果や治療内容などわかる
範囲でお知らせいただけますとより診療をスムーズに行う事が出来ます。

診察について

Q1.子宮卵管造影検査は痛いですか?

A.人それぞれです。インターネットでは「痛い」「こわい」と感想をよく見ますが、実際の検査(撮影)自体は5分位で終わります。造影剤を卵管に注入する際、圧がかかるのでお痛みを感じる方がいらっしゃいます。この検査をされた後「半年くらいは卵管の通過性が良くなり妊娠が期待できる」と言われております。

Q2.フルタイムで仕事をしています。通院は可能ですか?

A.はい、大丈夫です。
受付は19時までで、実際にお仕事をされながら通われている方も多いです

Q3.フルタイムで仕事をしています。体外受精等の治療は出来ますか?

A.もちろんです。
たくさんの方がお仕事と治療を頑張ってお子様を授かっています。スケジュールの中で来院時間指定の日が数日ございます。そちらは時間帯が決まっておりますのでご都合をあわせていただくようお願いいたします。

ご主人の治療・検査について

Q1.主人の検査はいつすれば良いですか?

A.できるだけ早めにお願いしています。
不妊症の原因はどちらにあるか?また、検査ではっきりとした原因があるか?などは不明の為、まずは精液検査をお願いしています。

Q2.精液検査の費用を教えて下さい。

A.自費・約2,800円です。
奥様の診察とは別の日にお持ちいただくようにしています。お持ち下さる際の 注意事項等ありますので、説明書を良くお読みになってご持参下さい。
(院内の採精室もご利用いただけますのでお声掛け下さい)

Q3.「主人の精液に問題がある」と言われました。一緒にこちらのクリニックで治療は出来ますか?

A.男性不妊の場合は連携施設にご紹介しています。
当院では男性不妊の治療は行っておりません。男性不妊専門施設・医院と連携を取っていますのでそちらへご紹介となります。
連携施設でご主人さまはConventional-TESE(精巣精子採取術)やMD-TESE(顕微鏡下精巣精子採取術)などを行い
当院にて奥様はICSI(顕微授精)-ET(胚移植)を実施した、多くの方が妊娠されております。

予約時間について

Q1.予約時間より遅れても大丈夫ですか?

A.30分単位でのご予約枠をもうけております。
例えば、10時にご予約いただいている場合は10時~10時30分までの間にお越しいただければ大丈夫です。
ただし、診療開始の9時と15時にご予約いただいている方は、時間通り遅れないようご来院をお願い致します。
(診療開始が遅れますと、その後の待ち時間にも影響してしまう為)

Q2.枠外って何ですか?

A.30分につき正規枠3名、枠外2名、計3~5名のご予約をお取りしております。
正規枠の方が終わった後に枠外の方をご案内しておりますので、同じご予約枠でも少し待ち時間がかかります。
時間内にお越しいただいていれば次の時間の方より先にご案内しております。

Q3.お薬や採血のみの場合、予約は必要ですか?

A.ご予約の必要はありませんが、お電話にてご来院がどの時間代になるのか事前にご連絡ください。

不妊学級について

Q5.不妊学級はいつやっていますか?

A.毎月第4土曜日に開催しております。14時30分より開始し、途中休憩があり17時前後に終了予定です。
1組2名様、計13組のご予約をお取りしております。
窓口以外にもお電話やインターネットでもご予約可能ですので、お問い合わせください。

助成証明書について

Q6.記入はいつお願いすればいいですか?

A.胚移植の日に受付スタッフへご依頼ください。
胚移植ができなかった場合も申請可能です。
ただし、凍結し次周期などで胚移植をされる方は、解凍胚移植後の申請となりますので、その際は解凍胚移植の日に受付スタッフへご依頼ください。
当院に書類の用意がある市町村:横浜市、横須賀市、神奈川県(横浜市、横須賀市、相模原市、川崎市を除く)
他の市町村にお住まいの方は、ご自身で書類のご用意をお願い致します。