男性不妊

不妊症で治療に臨むご夫婦のうち、50%近い割合で男性側にも原因がある事が分かっています。


2010年WHO(世界保健機関)が発表した不妊の原因の割合です。

男性不妊の原因

男性不妊には先天性と後天性のものがあります。
先天性の男性不妊の原因は、様々な遺伝的要因や、発育段階で受けた影響等で、性機能不全になるものです。
後天性の男性不妊の原因は、ストレス、アルコール、喫煙、肥満・糖尿病、病気や薬の影響、精巣の損傷もしくは機能障害、精子の産出あるいは射精に関するトラブルなど様々なものが考えられます。

男性不妊の検査

一般的に行われる事が多い検査は精液検査で、精子濃度、精子運動率、精子の正常形態率などがわかります。
当クリニックでもまずが精液検査をし、問題がある場合は医師と相談し、提携施設での精密検査を行っております。

  • 精液検査
  • 染色体検査
  • ホルモン検査
  • 抗精子抗体
  • Y染色体検査
  • AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査
  • 感染症管理
  • HTVL
  • 術前検査

(精液検査はその日の体調によって変動が大きいので、複数回検査をする場合もあります。)

男性不妊症の症状として

無精子症・乏精子症・精子無力症・精索静脈瘤・勃起不全・無精液症・閉塞性無精子症・先天性精管欠損・膿精液症・逆行性射精・膣内射精障害など

当クリニックでは、基本精液検査の結果、男性不妊の疑いがある患者様には、泌尿器科専門医による精密検査をおススメしておりますので、提携施設をご紹介しております。